ごんぞうの『すまいる』くえすと
笑顔溢れる雑記ブログ
『ごんろぐ』
掌の小説

『心の車窓』

心の車窓

気づけば上野駅から電車に乗り込んでいた。

電車上野駅

窓の外を流れる景色はモノクロシネマを観ているようだ。

全てに色は無く、ただ時の流れに逆行する感じしか覚えない。

「書生さんかい?」

おじいさんが私にそう問いかけた。

「・・・」

書生って 明治時代じゃあるまいし(笑)

私は関わらないようにモノクロシネマを観続けた。

「雨もいいもんだね」

おじいさんの言葉で雨が降っている事にはじめて気付いた。

電車が停車した。

「わしはこの駅で下りるよ」

と言いながら、私にハンカチを手渡し下りていった。

終点で降りる。

雨は止んでいた。

色鮮やかなシネマの続きが目の前に広がる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です